危険物標識と危険物取扱者

 

ガソリンスタンド 街中を意識的に見てみると、道路安全標識や危険物標識など、様々な表示や標識がたくさんあります。
その一つ一つには、それぞれ意味があることはもちろんのこと、詳細な分類などがあり、中には見る人の視覚的効果や作用なども考慮されて作られているものもあります。
特に危険物標識に関しては、危険物取扱者の資格を持つ人がいる施設などに設置されていることも多く、一層の注意が必要であるということがわかります。

 

危険物取扱者を必要とする施設

化学工場・ガソリンスタンド・石油貯蔵タンク・タンクローリー施設など、一定数量以上の危険物を貯蔵したり取り扱う場所には、危険物取扱者の資格を持った人を配置することが必須となっています。
また、その資格を持つ人は、危険物の取り扱い作業の保安に関する新しい知識と技能を習得するために、定められた期間内ごとで都道府県知事が行う講習を受けなければいけないという義務があります。

 

危険物取扱者の種類と業務

一般在団法人・消防試験研究センター主催で行われている危険物取扱者の試験は、国家資格として様々な特殊業種での需要があります。
受験資格も設定されていて、科目ごとの筆記試験の正解率60%以上が合格基準となっています。

・甲種危険物取扱者
全種類の危険物についての取り扱いと定期点検や保安監督ができます。

・乙種危険物取扱者
指定されている限られた種類の危険物についての取り扱いと定期点検や保安監督ができます。

・丙種危険物取扱者
ガソリン・灯油・軽油・重油などに限り、取り扱いと定期点検ができます。

 

危険物標識の専門店

当サイトは、創業30年以上の実績と自信で、様々な種類の標識を専門に取り扱っています。
名入や文字入れができるところも、当サイトの特徴としてたくさんの方に利用していただきたいポイントです。
専門の業種で需要の高い製品を取り揃えており、業種別や種類別に商品を検索していただけるように詳細なカテゴリーを設けています。
探しやすくてわかりやすいショッピングサイトを目指し、今後も新しい商品などを取り入れていく予定です。