不動産看板の種類と活用例

 

賃貸や販売用の住宅を取り扱っている不動産会社が行う業務の中で、一番大切なのは入居者を募ることではないでしょうか。
その集客手段として、住宅情報誌や住宅情報サイト、そして自社サイトなどに物件情報を公開することなどが挙げられます。
また、不動産看板による周知も効果的な手段としておすすめできます。

 

巡り会いを引き寄せる

部屋探しは、タイミングだともいわれています。
部屋を探したいと動いている時に限って、なかなか理想的な部屋に巡り合えなかったりするものです。

一方で、新しい部屋を探している時、または探してみようかと考えている時に、たまたま通りかかった理想的な建物に「入居者募集」の文字を見つけ室内見学した結果、条件とぴったりだったため即決してしまったという人もいるのです。
不動産看板を出していたことがきっかけで、入居者と物件の運命的な巡り会いが起こることもあり得るのです。

 

不動産看板の種類

あまりバリエーションがないと思われてしまいがちですが、実は不動産関係の看板にもたくさんの種類があります。
当サイトで取り扱っているだけでも、150種類近くの商品があります。
ご希望により、名入や文字入れも対応させていただきますので、ニーズに合った商品をご購入いただけます。

 

用途に合わせた不動産看板選び

看板 一般的なものでは建物の壁や柵などに取り付けるタイプの看板です。
メッシュターポリン製の看板なら、風の抵抗を受けずに宣伝ができますので、高い位置にある物件や、雨風の強い物件におすすめです。
もし、屋外に長期的な不動産看板の設置を見込む物件であれば、アルミ複合板製の看板がおすすめです。

高速道路などから見える高層住宅などには、横断幕タイプが注目を集めます。
商店街や住宅地などで歩行者の目を引きたい物件への看板の場合は、のぼり旗タイプなどはいかがでしょうか。

その中で、子供やお年寄りの多い地域で設置するにあたり、転倒や事故の防止を考慮した看板をお考えでしたら、軽くて倒れにくい注水式プラスチックサイン看板も販売しております。
また、オシャレなビルや駐車場など外観を意識したい場合は、ステッカータイプなどをお選びください。